トップページへ

 

メンバー

研究テーマ

研究業績

MICSの受賞等

トピックス

希望者へ

アクセス

リンク

 

 

 

 

 

 

 

 

  「(卒論・修論・博論)研究」と「勉強」
     
   

 卒業研究や大学院での活動で行う「研究」は,これまで行ってきたいわゆる「勉強」とは異なります.「勉強」は既に明らかになっていることを学ぶ行為です.従って,問題に対する解が存在します.一方,「研究」は問題に対する解があるかどうか分かりません.もっと極端な言い方をすれば,問題が何かはっきりしていない場合もあります.すなわち,問題を設定することが研究の第一歩といえます.このとき,これまでに誰も行っていない新規の問題を設定しなければなりません.従って,問題を設定することは容易ではありません.学部の卒業研究では,指導教員から与えられることになります.大学院の修士論文・博士論文では日頃から他の研究者の論文を読んだり学会などに参加して,関心のある分野の最新情報を絶えず収集しておく必要があります.

 問題の設定,すなわち研究テーマが決まると,次に新しい結果が得られることを目指した目標を定め,それに邁進することになります.研究テーマによっては,新たな理論の展開であったり,装置の開発であったり,実験を主とする場合などがありますが,それぞれの過程で様々なノウハウを身につけることになります.必ずしもスムーズに進むとは限りません.いろいろな問題点が生じますが,それらを独自の工夫により解決していくことが大切です.
 最後に,自分の行った研究は発表しなければなりません.どんな優れた研究でも公表しなければ埋もれてしまいます.他人に研究内容が正しく伝わるような論理的な文章を書く訓練と共にプレゼンテーションスキルも訓練する必要があります.

 本研究室では,研究テーマの設定から研究の進め方,そして発表まで(大学院生は国際会議発表または学術論文執筆まで)を指導しています.特に,教員との個人Meetingと研究室所属の学生全員が参加するゼミを通して,日頃から議論を積み重ね論文の完成に至るプロセスやプレゼンテーション(発表力・文章力)の訓練を重視して研究を進めています.ただし,本研究室では,論文指導を密接に行うため,大学院生は「1学年3名まで」とさせて頂いています.希望者は事前に申し出てください.

     
     

 

本研究室で求める学生像

 

 

 

 

  本研究室では,最後の一年は自分を鍛えようと思う,次のような学生さんを望みます.

・ 社会で働いていける実力をつけようと思う人
・ 今の自分の実力に自信のない人
・ 大学院へ進学して,研究のノウハウを学び,より仕事のできる人間を目指したい人
・ 素直な人

 研究を通じて,研究室のメンバーや教員と切磋琢磨して新しいことを生み出す訓練をしてください.大学での「卒業研究」,大学院での「研究活動(修士論文作成)」は,社会的に責任のまだ無い立場の学生に研究テーマ(決まった解の求め方が存在しない問題)を与え,将来,勤務先(時にはプライベート)で生じる解決困難なさまざまな問題を論理的に解決する訓練を行う機会として設定されているものです。特に,クリエイティブな職を志す理工系の学生にとって,研究活動と大学教員からの研究指導は必要不可欠なものです.ただし,どこの大学どこの研究室にせよ,飛躍的に伸びるか進歩も無く社会に出るかの一番の決め手は,やはり本人の努力と素直さ次第です.教員は学生が成長するきっかけを与えているに過ぎません.それを活かすかどうかは自分次第であることは自覚してください.「なぜ、自分の研究内容と希望会社の業務内容が異なっていても問題ないのか?」「技術者になるためにはどんな訓練をするべきか?」「仕事ができる・できないは出身大学に依存しないのはなぜか?」をご自身で考えてみてください。将来を考える第一歩です。

 また,「よく学び、よく遊べ」をメリハリつけて実行できるようになりましょう.クリエイティブな発想力を養うには遊ぶことも大切です。